• Satoshi Oki

マジョルカおぢさんTADY

最終更新: 1月28日


覚えてますか?

マジョルカおぢさん。


沖縄出身でスペイン在住、今は銚子に出稼ぎに

来ている生粋の船乗りは、愛車のママチャリを漕ぎ銚子中どこでも行っちゃう御歳70歳のスーパー爺さん。


またいつか!

と、硬い握手を交わしテンガロンハットを被って

帰って行ったあの日…粋でダンディでカッコいい人だなあと思ってましたが。


実は今夜が3回目のご来店♪

割と頻繁に来るやん、笑


今宵も、よっ!って笑顔で扉を開けてご入店。

天真爛漫とはこのことか?


考えてみたら沖縄xスペイン、そらそうなるわな。


でも、今度こそお別れだと言う。


来週には休暇で船を離れ、スペインに2週間ほど

帰るのだそう。また仕事に戻るが、次の地へ向かう可能性が高いんだって。


別れの挨拶。


な訳はなく…笑笑



ワイン片手に、いや〜実は惚れた女性が銚子にいるんだけど、なんとかならんかな、という話に。


なんとなくハードボイルド口調なんですが、

下ネタのオンパレードで、もうそこにはダンディズムのカケラもなく、なんならただのスケベジジーに降格です。


それでも変わらずカウンター越しに楽しく

過ごせたのは、きっとこの方の魅力なのでしょう。


ちょうど賄いのパスタを食べようとしてたんですが、何それ?美味そう!と言われてお裾分け。


食べながら、美味な〜スペインを思い出すな〜、

とかなんとか。やっぱり惹き込まれるその口調。


すっかりスペインに行きたくなってます、わたくし。笑


かくして滞在1時間ほど盛り上がったところで

不運にも雨が降り出し、結果愛車のママチャリを積んで送って行く事に…


到着後、ママチャリのスタンドを立てて

僕に、ありがとうと言いながら千円札をサッと出して硬い握手をしてくれたマジョルカおぢさん。


後ろに控えるママチャリさえ、その時はカッコよく見えました。


そしてそう感じさせたのはやはり、愛用のハットが醸し出す雰囲気があったからかな。


後ろ姿を見送る際、ママチャリのスタンドを戻し、

ふっと一瞬立ち止まったあとに…また立てて戻した時は、なんだただの酔っ払いかよ!

と1人突っ込みましたが、笑


タディ、また会おう。

今度はマジョルカ島のあのバーで、偶然の再会がいいなあ。


広げた千円札は2枚、ちょっとクシャっとなって折られてたところに、やっぱりダンディズムを感じた夜でした。

0回の閲覧
  • Instagram
  • Facebook