• Satoshi Oki

さをり織り

1969年、城みさをさんという女性がが56歳の時。


あるきっかけで手織りを始めて間もない頃。


自分の織った布にタテ糸が1本抜けていたらしい。

織物の常識に照らせば傷物と言われる状態。


しかし彼女、何か趣きがあるな、自分としては気に入っているな。

これを傷とみるか模様とみるか、見方次第で物の評価は180度変わるんじゃね?


と、一度常識から離れて自分の好きなようにやってみよう、どんどんキズを作ってやろう…


当時、織物といえば規則正しく均一なものが一般的でした。

タテ糸が一本抜けていれば、「これはキズモノでっせ。二束三文や。」と言われた時代。

しかし、城みさをさんは自分の感性を信じ、常識から離れて織ったショールを

大阪の老舗呉服店に持ち込みました。


すると、そこの主人から思わぬ言葉。

「これは面白い。全部引き取らせてもらいまひょ。」

自分の感性を信じて織ったショールが高値で売れ、城みさをさんは考えました。

「織り手の個性の美しさが布に現れていたから、評価されたに違いない。」


キズはキズではなく、織り手の個性。

すべてはその発想の転換から始まったそうです。


「さをり」とは、自分の感じるままに好きに好きに織る手織り。


織りに自己を表現するというアートとしての手織り。


アートである以上、見本もなければ、ミスや失敗というものもなく制約もありません。

何を何色でどんな風に織るか、すべて織り手本人に委ねられているのです。

しかし、自由である=簡単というわけではありません。


我々は日頃から常識や既成概念という枠の中で生活しています。


知らず知らずのうちにそれらの影響を受けて、何かに捉われていることが多いものです。

その中で、「自分」をありのままに表現することはある意味で難しい。


そんなさをり織りは現代社会へのテーゼなのかもしれません。


そしてそして!マテリアルとしてのポテンシャルが凄く高いのも魅力で

(現状はストールやポーチ、ワッチキャップなどが主流)、その魅力に気づき、

業界初でデスクランプに落とし込んだTA先輩とHY先輩はやっぱり凄くて。。


2020年は本格始動する「さをり織り」プロジェクトは楽しそうで堪らない♪


個性を織る「さをり織り」は、個性が強すぎるお二人の凸凹コンビによって、楽しく愉快に、

そしてめちゃくちゃなテーゼを乗せて新たなステージに行くのかもしれない。


絶対途中で喧嘩するし脱線するだろうな。笑


今から楽しみ、ぜひ仲間に入れてね♪


"El Cajon DESK LAMP-1" 19800

Size: H40cm/Shade20x20cm/Base Width12cm

Material: Cotton/Natural Wood/Plastic

Hand Made In JAPAN

*全て1点ものです、それぞれ風合いが異なります。

*メーカー保証1年付き

*電球1(E26/60w)、ナツメ球1(5w)付属


"El Cajon DESK LAMP-2" 19800

Size: H40cm/Shade20x20cm/Base Width12cm

Material: Cotton/Natural Wood/Plastic

Hand Made In JAPAN

*全て1点ものです、それぞれ風合いが異なります。

*メーカー保証1年付き

*電球1(E26/60w)、ナツメ球1(5w)付属



Will *general store & friendly place

090-9316-9637 オオキ

blog(JOURNAL)

online store

friendly place(レンタルスペース)

fan club

open: sometimes

56回の閲覧
  • Instagram
  • Facebook